ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宝塚阪急百貨店 2017/05/17〜25 | main | 2017/6/10.11 ふるさと会津工人まつり (東北遠征 その2) >>
2017.06.12 Monday

2017/06/03.04 ポラーノまつり (東北遠征 その1) 

初めての試み、週末ごとに開催されるクラフトへの出店を遠征というスタイルで

二週に渡り遠方へ向かいました。1つ目のクラフト岩手県「2017ポラーノまつり」

初めての参加ですが申し込みから決定・・・案内・・・開催当日・・・終了まで

とにかく実行委員スタッフさんの丁寧で親切な対応で安心安全に出店出来ました。

ありがとうございました。

搬入当日はあいにくの雨模様・・・強雨を避けて準備。

道路から会場となる山の芝広場エリアと森エリア4へ向けての坂。

紫波の街並みを見下ろせる風景はとても素敵です。

中央より下側に「芝生広場エリア」

搬入はテント近くまで芝の上を車で行けます。

土の通路が山へ伸びて「森のエリア」

通路横のスペースに停めて搬入します。

一方通行の為、頭を坂下へ向けての駐車は雨の影響は

荷下ろし後のバン(後輪二駆車)のバック進行はお手上げでした(*_*)

初の岩手県での出店は搬入日「雨」1日目「曇り」夜間「雨」2日目「小雨から晴れへ」

お天気には決して良かったとは言えませんでしたがお客様にはたくさんのご縁を頂きました。

総合するとかなり恵まれた出店となりました。

初めての私どもの作品を手にして頂きました皆様本当にありがとうございました。

【あとがき】

「実行委員の方々の適切な判断に感謝と敬意でいっぱい。」

 

写真のようにテントの後ろに車が停まっています。本当は停め置きは出来ないスペースです。

実はあまりの強風でテントが二度持ち上げられて・・・

ここまで出店までのやり取りで実行委員の方々の誠意ある対応に期待して相談してみました。

その結果「特例処置」として出店者の車とスタッフさんの車を詰めて防風林ならぬ暴風車群が出来たのです。

おかげで強風の中、安心して出店出来ました。

 

ころころと変わる天候のせいなのか1日目は朝の準備時間から強風と突風。

テントと突風の組み合わせはほとんどの出店者さんならご存じと思うのですが

最悪、〇者まで出たことは有名です。出店者はテントが壊れようが商品がダメになろうが自己責任ですみますが

何よりもご来場下さるお客様に何かあっては一大事です。

 

森の出店エリア会場両端は片側は林、もう一方は荷捌き場と搬入通路そして通路向こうはお客様駐車場(芝広場)。

1日目は運悪く風向きが芝広場側から、かなりの強風と突風でした。

通路から一列目の出店者さんは木々もほとんどなくまともに背後から風を受けます。

林側へ緩やかに下がる傾斜地形と一列目のテントによる風除け効果で中列〜林側列の出店者さんは

お気づきになられなかったかもしれませんが・・・

 

朝一番の急きょでの対策だった為、隣接出店者さんのご理解ご協力で完成した暴風車群。

私を含めて山の一番上の森エリアから一番下の出店者駐車場まで車を移動させてから

山を登って陳列作業中に、再度車を取りに行って・・・そして搬出時には元々森エリア出店者全員の

搬入出時の荷捌き場の為、片付け作業前に車を移動させて規定通りの荷捌きスペースに戻す。という形でした。

 

事情を存じていない出店者さんから「ブース近くに車を留め置き出来てズルい」との苦情?も

あったと伺いました。それでも1日目開催終了時まで覆すことなく行われた判断。

実行行委員の皆様のご理解と対応から決定までの迅速さ。この危険・危機への対応の速さ。

もし自分が運営する立場だったら出来ただろうか?

「起きてからでは遅い」もしかしたら東北の方だから身に付けられた感覚なのでしょうか・・・

とにかく凄い判断力だと感服いたしました。
 

距離が距離だけに今後も毎回応募する!と大声で言いづらいですが

絶対きっとこれまで以上に大きな素晴らしいイベントに創り上げていかれることだと思います。

そんな素敵な運営のイベントに参加させてもらえて本当に良かったと思っています。

有難うございました。

 

※2日目は天候も落ち着き暴風車群要らずでした!(^^)!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album