ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017/06/03.04 ポラーノまつり (東北遠征 その1)  | main | 百万遍手づくり市 2017/06/15 >>
2017.06.16 Friday

2017/6/10.11 ふるさと会津工人まつり (東北遠征 その2)

先週末は岩手県「ポラーノまつり」そして翌週となります6/10.11は

有難いことに2年続いて「ふるさと会津工人まつり」です。今年で31回となる歴史あるイベントです。

昨年は初めてで高揚感いっぱいで見えていなかったことも少し感じることが出来ました。

主となるのは地元福島会津の編み組み細工。

職人(工人)が丹精込めて制作した製品を求めて全国からお客様も真剣にお選びになられる

「真」の手作り品と職人(工人)に重点を置いたイベントだと思います。

「編み組み細工」外で参加させてもらう私たち県内外のクラフト部門出店者も身が引き締まります。

ほとんどのクラフトイベント募集では直接製品に触れることなく写真とコメントから判断なされますので

選考するにはそれはそれは大変な作業だろうと思います。(各イベント選考委員の皆様有難うございます)

特にこの「ふるさと会津工人まつり」は地元の工人(伝統工芸士の方々も多数いらっしゃいます)の方々の

作品がメインでありその他部門の参加出店者さんの製品や素行がイベント全体や工人の方々の

信頼や信憑性にも関わってくるのですからもっともっと真剣で大変な選考作業なのだろうと思います。感謝しております。

そんなこんなとなど、昨年とは少し違う感覚を抱きながら今年も始まりました。

前々日までぐずついていた雨も搬入日には落ち着き、いい感じで湿り気(かなり重要)を帯びています。

1日目、昼からの雨予報もなんのその、とにかくたくさんのご来場です。

もちろんほとんどのお客様が工人の制作した「編み組み細工」がお目当て。

去年はただただ圧倒されてしいましたが今年は・・・

メインストリートと一般のエリアにも点在する工人のお店には人だかりで商品が見えないほど。

今年もやっぱり圧倒されました(^^)凄い人気です。

その熱狂的な時間が済んだころから私たちの製品もゆっくりとご覧いただけますので

本当に「参加」させてもらっているという感じがします。
その後、予報通りお昼からは結構な雨となりましたがお陰様で沢山のご縁を頂きました。

二日目は曇りからどんどん回復へ。

各テントの雨対策の横幕も外されて開放的に。木漏れ日の挿す会場に昨日と変わらず

多くのご来場がございました。二日目もたくさんの方々にお立ち寄り頂きました。

閉会前にはやっと元の林の静けさが戻ってきたようです。お客様もまばらになってようやく

テントエリア通路をわかりやすく撮影出来ました。

見事にあっという間の二日間でした。昨年お求め下さった方々も多数お越し下さったりもございました。

今年も2日間とても感謝な時間を過ごさせていただきました。

DOUSENにお立ち寄り頂きました皆様、本当に有難うございました。

撤収前の林にそそぐ柔らかな日差しと静かさに名残惜しさで寂しくなりました。

これで初の東北2週末のイベント参加遠征が終了です。

 

この遠征では初めてトンボ帰りではなく間の期間をその地方に滞在する時間をつくりました。

イベント出店でご縁を頂きました皆様はもちろんのこと

立ち寄り先でお会いしました岩手県の方々、宮城県の方々、福島県の方々、そして気仙沼や松島・・・

東北の人々や自分の目で見て感じる震災など、人としての勉強もさせてもらえた遠征となりました。

沢山の方に様々な形の感謝を感じています。

 

これにて初の東北2週末での連続出店遠征は皆様のお陰で無事に終えることが出来ました。

京都へ戻り、製作そして出店への活力も頂きました。有難うございました。

 

 

【あとがき】

ブログなどは基本的には良いことや差しさわりのないことを書いて誰にも迷惑をかけないというのが

良いと思っていましたがこの遠征を終えて少しだけ変わりました。公にするのですから時々でもメッセージも

沿えていかないと単なる日記で発表する必要がないのでは?と思いました。閲覧数含めて影響力ないですが(*_*)

 

で、今回はイベント参加マナーについて

会場内では主催者のルールや書かれるはずのない(書くまでもない)常識やマナーは守りましょう!

 

1、喫煙は所定の場所でして下さい!なぜ場所が決められているのか考えて下さい

職人といえども少なくなった喫煙者数、、、目立ちますよ。

 

2、小便はトイレでして下さい!

これには驚きました。確かに開催時間は過ぎてましたが、少数でもお客さんや出店者は居ますよ。

生理現象なので何か理由があったのかもしれませんがせめて藪の中とか建屋の裏とか人目に触れずに無理ですか?

お客さんの大半は女性ですし出店者にも女性はいます。

 

小便は初めてでしたが喫煙ルール違反はよく見かけます。お一人だとテントを離れにくいのはわかりますが

参加者、来場者の全員の生理的現象ではありません。喫煙者だけの欲情です!

 

私を含めて遠方からの参加者にとっては非日常な素敵な時間を頂いていますがここが日常の方々がおられますし、

主催者さんや地域の方々、お客様はイベントはもちろん、この地域を大切に思われています。

主催スタッフさん方に気付かれなければ良いという幼稚な個人ルールでの参加は改めてください。

 

私にとって数少ない全国的な有名イベントですので心地よき状態で報告(ブログ)したいのですが、、、

一、私のブログくらいでは唯一、不特定多数の方々が検索してくれる可能性のお題目かもしれないこと。

二、短い滞在でしたが東北への色々な感情。

三、懇親会での主催、館長、町長、など携わる方々の「ふるさと会津工人まつり」への思いを拝聴出来たこと。

などなどがここに記載する気持ちになりました。

 

お見苦しい内容で終わりますがどうかお許しください。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album